それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 3月末のお引渡しに向けて


それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』(木造2階建て在来工法)は、3月末のお引き渡しに向けて工事が進んでいます。


ガレージにはシャッター(オーバースライダー)が付きました。緑の格子パネルは、テラスからの猫脱走防止に使うファイバーグレーチングです。


中庭の床のコンクリートが打設されました。古木オリーブを植えるところは箱抜きしています。


大工さんが3名入り、造作家具を製作中です。


2階への階段周りに手すり(スチール製)が付きました。

浴室と脱衣室の天井仕上げ材(フクビ:バスミュール)も施工されました。


LDKサッシ廻りの造作が進んでいます。

夕暮れ外観。塀のコンクリートは打設済みで来週には型枠を外します。

f【設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

 s warabishi s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

 


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス パーマリンク

コメントは停止中です。