新しい根津美術館


午前中打ち合せの後、昨年新しくなった、

青山の根津美術館(隈研吾設計)に行ってきました。

旧い美術館にくらべ、

展示室の明るさが抑えられ、

シューケースの作りや照明の当て方が見事で

作品に意識が集中して観賞することが出来ます。

竹などの仕上げの素材感や色合いが美しく、

南にひろがる庭園とも解け合い、

心地よい場所になっていました。

また、根津美術館の庭園は石畳が整備され、

散策できるようになっていて、

都会の中心にいることを、忘れさせてくれます。

尾形光琳の燕子花図(かきつばたず)が見られる、

5月にまた訪れたいと思いました。

シンプルな竹のアプローチ

竹集成材の壁とトイレのサイン

弘仁亭・無事庵(こうにんてい・ぶじあん)の腰掛待合い

池に向かったつくばい

>>関連ブログ2010.3.9 竹フローリング

>>関連ブログ2010.5.12 竹フローリングを壁に張る

>>関連ブログ2010.9.7 生まれ変わった赤城神社

 

>>2011.8.22ブログ 飯田十基の自邸と庭 見学1

>>2011.8.22ブログ 飯田十基の自邸と庭 見学2

>>設計事務所アーキプレイス    ブログカテゴリー 建築行脚

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 建築行脚 タグ: , , , , パーマリンク

新しい根津美術館 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 根津美術館@隈研吾 | アーキプレイスSTAFFの日常

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です