金属屋根の雪止め(ゆきどめ)金具 種類と形状


東京でも、今日のように雪が積ることがあるので

傾斜屋根には雪止め(ゆきどめ)金具を付け、

雪の落下による被害を防ぐ必要があります。

屋根葺き材料や葺き方によって、

雪止め金物の形や固定方法がいくつかあります。

設計事務所アーキプレイスでは、

屋根をガルバリウム鋼板で

仕上げることが多いのですが、

竪ハゼ葺きにした場合、

ハゼに留めるちょっと無骨な形状の雪止め金物

しかないのが悩みです。

メーカーには雪止めとしての機能を果たしながらも、

もう少しスマートな金属屋根用の雪止め金物を

開発してほしいです。

上の2枚の写真は、竪ハゼに一つひとつ固定するタイプの雪止め金物

P1070336

P1070338

上の2枚の写真は、アルミのアングルを専用の金物を用いて竪ハゼに固定し、長さの長い雪止めとした例

IMG_4949

sP1080564

上の2枚の写真は、屋根板金が一文字葺きの時の雪止め金物。水上側の板金裏の隠れた部分で下地に固定できるので、シンプルでスッキリした形をしています。

>>関連ブログ 屋根板金納まりスケッチ
>>関連ブログ2014.2.21 外壁ガルバリウム鋼板の自己修復作用 建て主施工確認

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 建築材料・素材 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください