LIXIL新宿ショールーム水まわり館


トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ、東洋エクステリアが、今年の4月にLIXIL(リクシル)として一緒になりました。

もとINAX新宿ショールームが生まれ変わったLIXIL新宿ショールーム水まわり館に、『ときどき電車の見える家』の建て主の方と行きました。

トイレの節水化が進んでいて、標準型でも一回の洗浄が5リットルの水ですみ、オプションでは4リットルの機種もありました。10年ぐらい前は10リットル前後の機種が主流だったことを考えると格段に進歩しています。また、手洗いは自動洗浄の機種が増えてきているように感じました。

←前の記事 ときどき電車の見える家     次の記事→


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), ときどき電車の見える家 パーマリンク

LIXIL新宿ショールーム水まわり館 への2件のフィードバック

  1. 鴨志田正美 のコメント:

    沢山記録に残して頂いて、本当にありがとうございます。そしてお付き合いしてくださり、ありがとうございました。
    リクシルさんのお風呂は入ってみて、心地よさが違い、見た目よりも体験することの大切さを知りました。トイレの1回の水の量にびっくりしました。飲めるお水をそんなに使って生活しているんですね。
    節水に頑張って企画してくれているリクシルさんにもありがとうです。

  2. ishii masahiro のコメント:

    >>鴨志田さま
    こちらこそ、いつも楽しく打ち合せさせてもらっています。「家づくり」は単に家を買うのと違い、作っていく過程が体験できることも醍醐味ですので、一つひとつの過程を大切にしながら一緒につくっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください