アートフロントギャラリーでの打合せ 東京タワーと桜の見える家


先日は代官山・アートフロントギャラリーART FRONT GALLERYで『東京タワーと桜の見える家』の建て主の方、OZONEインテリアコーディネーターの山田さんと打ち合せ。

アートユニット・アイアングレイ(IRONGREY)の金属を組み合わせた立体アートのラフ案とインテリア素材との関係を検討。

窓の外の旧朝倉家住宅の緑が、黒いガラスのテーブルに映る気持ちの良い打合せスペースでした。

右は箔や手漉き和紙を使った百瀬寿(Momose Hisashi)の作品。

>>百瀬寿HP

右はアクリル板に雫型の樹脂をたらした竹中美幸(Takenaka Miyuki)の作品(一部)

>>竹中美幸HP

アートフロントギャラリーは建築家・槇文彦の初期の代表作であるヒルサイドテラスA棟にあります。普段は入ることができない中を見ることができ、幸せな気分で事務所に帰りました。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 東京タワーと桜の見える家

>>東京タワーと桜の見える家 竣工写真1 外観
>>東京タワーと桜の見える家 竣工写真2 1階
>>東京タワーと桜の見える家 竣工写真3 2階
>>東京タワーと桜の見える家 竣工写真4 3階+屋上

←前の記事 東京タワーと桜の見える家     次の記事→


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 東京タワーと桜の見える家 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください