木立に佇む家 住宅の床材 無垢フローリング


住宅の中で床材は室内の印象を決定づける材料で、設計事務所アーキプレイスでは無垢のフローリングをお勧めしています。

建て主の好み(色や質感など)をお聞きし、合板フローリング(複合フローリング)との違い(耐久性、メンテナンス、コスト)なども説明しながら選んでいきます。

写真は左からパイン、竹、カバ、カエデ、ナラ、ミズメザクラ、カリン、チェリー、ウォールナットの無垢フローリングです。『木立に佇む家』の床の無垢フローリングには少し赤みがかった明るい色のカエデ(厚さ15mm、幅90mm、塗装品)を使い、窓枠のスプルスや天井のシナ合板と木の色目を合わせています。

現在工事中の『木立に佇む家』には、ほんの少し赤味のある明るい木目が特徴の無垢のカエデを使います。

>>関連ブログ2011.6.24 複合(合板)フローリングの突き板

>>関連ブログ2010.3.8 三層無垢フローリング

>>関連ブログ2010.3.9 竹フローリング

 

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 木立に佇む家

>>木立に佇む家 竣工写真 その1
>>木立に佇む家 竣工写真 その2
>>木立に佇む家 竣工写真 その3

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 木立に佇む家     次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計について, 建築材料・素材, 木立に佇む家 タグ: , , , , , パーマリンク

木立に佇む家 住宅の床材 無垢フローリング への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 複合(合板)フローリングの突き板 | 設計事務所アーキプレイスのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です