洪水ハザードマップを確認しよう


空と暮らす家(スキップフロア)』は、高さ制限が厳しい場所にあります。生活に必要な面積を確保するためには、建物の一部を地下にして、地下1階+地上2階の3層で計画する必要がありました。

地下を計画する時の注意点はいくつかありますが、その中のひとつが浸水の問題です。

現在では各自治体のホームページなどで、その土地の浸水の被害履歴や危険性の度合いを示した洪水ハザードマップ(浸水予想図)を見ることができます。地下の計画を考えている時や土地を探している時に、ぜひ参考にしたい資料です。

空と暮らす家(スキップフロア)』の計画時に参考にした杉並区の洪水ハザードマップ(一部)。このハザードマップによれば、計画地は浸水予想区域からは外れています。

>>東京都建設局 洪水ハザードマップ

>>国土交通省 ハザードマップポータルサイト

>>関連ブログ2012.4.7 マピオンで標高を調べる

>>ブログカテゴリー 敷地・土地探しについて

←前の記事 空と暮らす家(スキップフロア)     次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 敷地・土地探しについて, 空と暮らす家スキップフロア タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください