木造住宅の1階床の断熱 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場では、住宅性能証明の検査に向けて断熱材の工事が進んでいます。

木造住宅の1階床の断熱は、床下に通気を取った場合一般的には1階床合板の下で行います。今回は床下地は根太を使わないネダレス工法で床合板(実付き)を貼っているので、910ピッチで入っている大引の間にグラスウールの断熱材を入れます。断熱材は旭ファイバーグラスのアクリアUボードNT24K、厚80(熱抵抗値R=2.2㎡・K/W)[旭ファイバーグラス]

>>旭ファイバーグラス アクリアUボードNT

 

大引の間に隙間なく入れる断熱材は、床専用の受けピン(エースピン)に載せていますが、受けピンを使わない工法もあります。

>>旭ファイバーグラス アクリアUボードピンレス

南テラスの腰壁に透湿防水シートが施工されました。左右の腰壁の高さを変えてプライバシーと開放性を両立を図っています。

南テラスから見る。

庇状になった屋根の軒天(のきてん)に、ケイ酸カルシウム板が貼られました。

ビル用サッシを使う北側の高窓以外は、すべてサッシ(住宅用サッシ)が入りました。

設計事務所アーキプレイスの設計監理の看板も遅ればせながらつきました。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: | コメントする

耐震構法SE構法の構造見学会 細長変形地の二世帯コートハウス

三方向を囲まれた間口約5m×長さ16mの敷地に建つ完全分離型の二世帯住宅『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の構造見学会を開催します。

■2017年9月9日(土)11:00〜17:00、10日(日)14:00〜17:00

■東京都豊島区

■二世帯住宅(完全分離型・長屋形式)

■敷地面積 /94.65m2(約28坪)

■延床面積 /135.66m2(約41坪)

■構造・規模/木造3階建(耐震構法・SE構法)

■設計・監理  設計事務所アーキプレイス 石井正博+近藤民子

完成してしまうと見えなくなってしまう住宅の基礎や構造体、耐震構法SE構法の特徴、狭小敷地や間口が狭い敷地での採光や通風の工夫、建物の高さ方向の活かし方、建築家との家づくりに関心のある方など、お気軽にお越し下さい。

*予約制となりますので、メール(archiplace@mbg.nifty.com)またはお電話(03-3377-9833)にて事前(8日まで)にお問い合わせ下さい。

これまでの設計・工事経過はこちら >>ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

  

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(進行中), SE構法(SE工法)について考える, 細長変形地の二世帯コートハウス, オープンハウス・見学会 | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントする

外壁仕上げ工事の確認 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の建て主の方とのお打合せの後、外壁仕上げ工事の確認をしてまわりました。

水墨(濃色)の左官仕上げ外壁[アイカ工業のジョリパットインフィニティ∞ 水墨の濃色]

>>関連ブログ2017.8.21 外壁左官仕上げの試し塗り 光と色と音の集積の家

上が水墨(淡色)、下が水墨(濃色)[アイカ工業のジョリパットインフィニティ∞ ]

上の二枚の写真でわかるように、この左官材は見る角度や光の当たり方、時間帯によっても表情がかわる味わいのある仕上げ材です。

同じく水墨(濃色)。白く見えている部分は別な左官材料です。

水墨(淡色)の左官仕上げ外壁[アイカ工業のジョリパットインフィニティ∞ 水墨の淡色]

r(アール)のついたテラスの笠木。途中で板金工事から金属工事に変更したところですが、綺麗にできました。

表面に凹凸のないフラットタイプの窯業系サイディングの塗装品を使った部分

外壁の板張り部分(WILL WALLウィルウォールT&Gパネル/CHANNEL ORIJINALチャネルオリジナル)。木材保護塗料リボス(イケダコーポレーション)のタヤエクステリア:ブラジルで着色しています。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

長〜い現場打合せ ミカンの木の育つ二世帯住宅 

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場で、現場監督さん、板金屋さん、大工さんと打合わせしました。

週末、建て主の方と打合せた内容(木製階段、床フローリングの張り分け方など)を大工さんに伝えて、実際の工事を行う上で気をつける点や施工方法を相談しました。

階段上部のトップライト部分には三角形の壁面ができますが、壁の厚み、傾斜天井の納まり、トップライトの枠、壁面の形状と仕上げが絡んできて、どうしたら良いのか図面や模型では答えにたどり着けずにいた部分です。トップライトがついた現場で、桟木を打ち、水糸を張ってもらい、出来上がりをイメージしながら、ここがどうなるとこの住まいの魅力がより増すのかを考えつつなんとか決めることができました。(長時間にわたり、親身になって一緒に考えてくれた現場の方に感謝です!)

三角形の開口のあるデッキテラスでは天井の下地が施工中。床のFRP防水は終わっています。

内壁側の構造用合板の上に、石膏ボード(プラスターボード)が貼られ始めました。

大屋根の屋根板金は8割程度できました。

朝9時にはじまり終わったのは5時前。長〜い現場打合せでしたが、スッキリした気分で事務所に帰り、現場で出た宿題を済ませました。

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , | コメントする

細長変形地の二世帯コートハウスの現場打合せ

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の現場打合せに行きました。

合板やボードの下地となる間柱が施工されました。

隣地の空間とコート(中庭)を通った光が、1階に差し込んでいました。

右側の外壁は、敷地形状に合わせて斜めになっています。

斜めになった壁の下地は、少し工夫が必要なので一般部より手間がかかりますが、きちんと施工されました。


高窓から空が見えて、3階は気持ちのよい場所になりそうでした。

収納で使うロフトは、高さを確保するため床の作りを工夫しています。

屋上テラスに立つと、船のデッキに上がってきたように感じました。

工事中の現場では思いもかけない景色に出会うことがあります。

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | コメントする

建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)のサイト改善の打合せ

設計事務所アーキプレイスの石井+近藤もメンバーのである、建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)のサイト改善の打合せを、余田さん(YODAアーキテクツ)と行いました。

建築家31会の活動をもっと知ってもらうために、スマホでの閲覧者にもわかりやすいサイトにすることなど・・・たくさんある課題を少しずつ改善していく予定です。

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 建築家31会・模型展, 日常 | タグ: , , , | コメントする

現場で膨らむ生活のイメージ ミカンの木の育つ二世帯住宅

週末、『ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の建て主の方と現場でお打合わせしました。

木製階段の作り方、ロフト周りの高さ関係など、今後工事が進む木工事関係をご説明。への字に曲がったプランなので、床フローリングの張り方向と張り分け方も詳しくご説明しました。

テラスの広さ、三角形の開口部の大きさ、窓からの見え方、2階と庭との距離感など・・・工事が進む現場を実際にご覧になって、具体的な生活のイメージが一挙に膨らんできたご様子でした。

この住宅のビニルクロスとビニル床シートは、建て主の方のお知り合いの方が施工されることになっています。その内装業者さんにも現場を見ていただき、工事時期、施工区分、特殊な納まりの施工方法についてお打合せしました。

1階にお住まいになるお母様にも工事中の現場をご覧いただきながら、コンセントやスイッチの位置、カーテンの納まり、家具の配置などを確認していただきました。

この二世帯住宅の各部屋から見え、庭の要の位置に植わっているミカンの木。たくさんの実が大きく膨らんで(育って)いました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , | コメントする

テラスのFRP防水と屋根のガルバリウム鋼板 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場では、南テラスのFRP防水と屋根のガルバリウム鋼板が施工されました。(8/9)

南テラスの腰壁が雨に濡れないように、ブルーシートで屋根をかけるという丁寧な仕事!

和室側の北テラスもFRP防水です。

>>関連ブログ2011.9.29 屋根FRP防水工事 みんな集まる家

屋根はガルバリウム鋼板のタテハゼ葺き。とても綺麗に施工されました。軒先き側に内樋(うちどい)があります。

>>関連ブログ2017.8.5 工事の確認と現場打合せ 桜並木と暮らす家

開口部以外の壁が塞がれてきて、より内部の状態が分かりやすくなりました。換気扇と給気口の外壁に絡む部分の配管が施工されています。

2階和室からLDK側を見たところ。

2階LDKから和室側を見たところ。

2階LDKの北側の窓にはこれからアルミサッシが入ります。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

建て主の方へのガーデニング案のご説明 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の建て主の方へ、現場でガーデニング案のご説明をしました。

The Season(ザ・シーズン)の村上さんに用意してもらった現物サンプルをご覧いただき、それぞれの案の考え方、メンテナンス性、費用などを建て主の方にご説明。

実際の場所で、素材感や色合い、万年塀との関係などを確認。

アプローチの床に使うタイルと、そこから続くサイクルスペースの大粒の石を使った洗い出し仕上げの相性を確認。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | コメントする

外壁の断熱材と耐力壁の室内側合板 ミカンの木の育つ二世帯住宅

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場監理。

2階では外壁に繊維系断熱材のグラスウールが充填され、室内の暑さも少し和らぎました。

>>関連ブログ2010.12.17 住宅の繊維系断熱材 グラスウール

アルミサッシの窓は、FRP防水に絡む部分を除いて取付けが終わっています。

構造用合板を外部側と内部側に張る耐力壁では、内部側の構造用合板を張り始めています。内部側の構造用合板は柱の上ではなく、あらかじめ柱の側面に入れておいた受け材に固定して柱面と合板面を揃えて入れます。こうすることで、壁下地となるプラスターボードを、耐力壁とそれ以外の壁で段差なく平らに張ることが可能になります。

 

コンセント周りの断熱材や、給気口周りのシールもきちんと施工されました。

1階テラスの上には、2階の部屋の断熱のための繊維系断熱材グラスウールが施工されました。

2階のデッキテラスのFRP防水下地がきちんと施工されました。

デッキテラスの下に当たる1階の和室は、ボード状の断熱材(ポリスチレンフォーム)を天井に貼って断熱しています。

>>関連ブログ2011.1.19 住宅のボード状断熱材 外張り断熱 

外部の透湿防水シートが張られた部分を確認してまわりました。

 

サッシ周りの防水テープ、透湿防水シートによる止水処理を確認

 

外壁や基礎を貫通する配管の周りの施工を確認

ガルバリウム鋼板で葺く屋根のゲラバの施工を確認。一部修正をお願いしました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , , , | コメントする

ガーデニングの打合せ 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)のガーデニング打合せに、The Season(ザ・シーズン)の村上さんに事務所に来てもらいました。

建築家31会でもお世話になっているThe Season(ザ・シーズン)の村上さんに、このプロジェクトでお願いするのは、1階のリビングや地下のスタジオから見えるポイントガーデンのシンボルツリーと目隠し塀、ショップ前のプランツスペース、住宅アプローチから続くサイクルスペースの床素材とアイストップツリー、テラスの壁掛けプランターなどです。

建物に合うシンボルツリーや床素材、本体工事で作る木製格子塀とのバランスなどのほか、メンテナンスの考え方などについても打ち合わせました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | タグ: , , , , , , | コメントする

外壁左官仕上げの試し塗り 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)では、建主の方立ち会いのもと、外壁左官仕上げの試し塗りを行いました。

外壁の左官仕上げには、アイカ工業のジョリパットインフィニティ∞ 水墨の濃色と淡色を使います。濃色と淡色に違いは、墨色を出すために基材に混ぜる粒状の活性炭の分量の差ですが、コテの擦り方の強弱でも粒状の活性炭の潰れ方が違ってくることで、濃淡が現れるという、かなり特殊な仕上げ材です。

>>アイカ工業 ジョリパット マテリアルパターン

>>水墨(濃色)

>>水墨(淡色)

まずは屋上のあまり目立たないところで、水墨の淡色を左官屋さんに塗ってもらいました。

同じ水墨の濃色ですが、左は活性炭をつぶすような塗り方をしてもらったもので、右は通常の塗り方です。見る角度や光のあたり方でも印象が違ってきます。

実際に貼られている板張り外壁やガルバリウム鋼板の見切りとの相性を見るために、地上に下りて再度検討。


アート作品のようなサンプルが出来上がりました。

試し塗りでの、微妙な色合いや壁面の塗り分け方の最終確認が終わり、いよいよ外壁左官仕上げ工事に入ります。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | タグ: , , , , , , , | コメントする

上棟しました 細長変形地の二世帯コートハウス

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の建て方をお盆休み明けの8/18日から行い、8/19日に無事上棟しました。

 

設計事務所アーキプレイスもメンバーである建築家31会の横浜赤レンガ倉庫での家づくり展 vol.22(2016)で、建主の方と出会ってからやっとここまできました。住宅密集地の中で唯一ある 南西方向の抜けを生かした、完全分離型の二世帯コートハウスです。

>>設計・工事経過 細長変形地の二世帯コートハウス

右側に1階世帯のコートがあります。

梁が斜めに接合される複雑な接合部もキレイに施工されました。

細長い敷地でも間口の幅を有効に使える、SE構法ならでは3連のがっちりした門型フレーム。(120×300の柱と120×500の梁)

門型フレームの120×300の集成材の柱と、鉄筋コンクリートの基礎を緊結するSE金物

>>関連ブログ2013.6.17 ひかりを組み込む家 SE構法の柱脚

間口は4m前後ですが、奥行きは長〜い住宅です。リビングとダイニングの間に床段差をつけています。

建て方工事をしたのは、SE構法の建て方に慣れている東京BK足場の4人のチームとこの現場の大工さんです。

SE金物にドリフトピンを差し込んだ時点で組み固まるため、建て方直し(垂直水平の確認)も、少しの調整でトントン進んでいきます。

お昼頃最上部の梁まで組み上がりました。屋根は傾斜していますが、一部にロフトがあったり、屋上テラスになっている部分があります。

お昼前に建て主の方もいらっしゃいました。2階建からの建て替えなので、現実に建ち上がると大きい印象を持たれたようです。


1階部分をご案内し、叔母さま世帯の部屋の大きさなどをご覧いただきました。

建て主の方から日光のお土産をいただきました。(Hさん、ありがとうございました。)

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), SE構法(SE工法)について考える, 二世帯住宅, 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントする

竣工15年目のエアコンの交換 空に向かって開いた家

竣工15年目となる『空に向かって開いた家』(鉄骨造3階建)。寿命を迎えはじめたエアコンの交換について建て主の方から連絡があり、設計事務所案件に慣れている工事業者の方と現調に行きました。(8/18)

 

エアコンの交換について量販店からは「隠蔽配管であることや設置スペースが狭いことなどから交換が難しい」と言われていましたが、設置スペースや配管をやりかえるなどの大掛かりな工事をしなくても、エアコン(屋内機と屋外機)だけを同等の能力のものに交換できることがわかり、建て主の方は安心されたご様子でした。(僕もほっとしました)

竣工時の写真 ダイニングキッチンからデッキテラスを通してリビングを見る

この住宅にはメンテナンスなどで何度か伺っていますが、とても大切に住んでいただいている様子が伝わってきて、設計者としては嬉しい限りです。

>>関連ブログ2013.11.11 木製格子のメンテナンス 空に向かって開いた家

空には夏を感じさせる雲と秋を感じさせる雲の両方が見えました。

懐かしい和菓子屋さんで、お土産を買って帰りました。

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , | コメントする

方南町皮ふ科クリニック ベンチ増設と新しい雑誌置き場

方南町駅(東京メトロ丸ノ内線)の近くに2年前に完成した皮膚科クリニック『方南町皮ふ科クリニック』。順調にお客さんも増えてきて、曜日によってはベンチの数が足りない時がでてきたので、ベンチを増やしたいとの相談が先生からありました。先生と相談し、雑誌置き場とウォーターサーバーで使っていたところに3人分のベンチを増設し、雑誌置き場を別なところ移すことになり、雑誌置き場の案をいくつか作りご検討いただきました。

 

 

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー 方南町皮ふ科クリニック

>>方南町皮ふ科クリニック 竣工写真 その1
>>方南町皮ふ科クリニック 竣工写真 その2


■設計事務所アーキプレイスの 医院・Clinic 設計事例サイト

【設計事務所アーキプレイスの医院・クリニック設計事例】

方南町皮ふ科クリニック 中山メンタルクリニック林間皮フ科クリニック2早川皮フ科クリニックまりレディスクリニック

sssIMG_1573 ssssIMG_94211 IMG_4259-e1421232194549-1 05-e1421232273593 sIMG_7166-e1421232094148

←前の記事 方南町皮ふ科クリニック     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 方南町皮ふ科クリニック | タグ: , | コメントする

構造設計者との構造確認 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の構造確認を構造設計者・シエスタの千葉さんと行いました。(8/9)

扇風機が大活躍の、灼熱の現場。

構造設計者の千葉さんは、ホールダウン金物などの建築金物の種類と位置、耐力壁の施工状況、釘の種類とピッチなど、一つひとつ確認。全て確認するにはとても時間がかかります。

いくつか修正を現場にお願いし、是正後の写真を提出してもらうことに。

3本組合せ梁(3連梁)は、455mmピッチでφ16のボルトで締めて一体的な梁になっています。このボルトのナットの座金には、将来、木が痩せてきたときにバネの力が働いて緩みを防止するスプリングワッシャー付きの座金を使用。

>>関連ブログ2017.7.12 上棟しました 桜並木と暮らす家

 

右上の写真が、スプリングワッシャー付きの座金。直径は4.5センチほどの大きさです。

>>タナカ:スプリングワッシャ付き丸座金

木造住宅の住宅瑕疵担保履行法(じゅうたくかしたんぽりこうほう)の保険会社の検査も受検。こちらは指摘なく終了しました。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

ベルックスのトップライトが付きました ミカンの木の育つ二世帯住宅

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場監理。

屋根に二つのトップライト(VELUXベルックス製:スカイビューシリーズVS電動タイプ)が並んでつきました。

トップライトは、子供室の傾斜天井の一番高い部分に二つ並んでつけています。このトップライトは、高いところに溜まった熱を逃がしたり風を通したいときにはリモコンで開けられる電動開閉式で、今日のような強い日差しを室内に入れたくないときには、遮光もできるハニカム式のブラインドを内蔵した優れものです。

>>日本ベルックスVELUX:スカイビューシリーズ トップライト(天窓)

リビング側から子供室側を見ると、トップライト(天窓)からの光で壁面が明るく見えて、実際以上に広がりを感じるようになりました。

>>関連ブログ2010.8.25 高窓(ハイサイドライト)からの採光と通風の事例

 

詳細図を書いて工事の方と打合せしてきた、コーナー部分の窓サッシがつきました。

2つの窓サッシがすっきりと一体に見えるように、隙間をほとんど空けずに取付けてあります。

ガルバリウム鋼板たてハゼ葺きの材料が屋根に運び上げられました。今回は、たてハゼ部分がキャップ式となった既製品の板金を使います。

金属屋根の端につける部材は工場で加工されてきています。

この住宅で施工が難しい部分の一つである、三角形部分の納め方を板金屋さんを交えて打ち合わせ。


1階の天井には、2階の給水、給湯、排水などの配管が施工されています。

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

工事現場で家具の配置の確認 桜並木と暮らす家

週末、『桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の建て主の方と工事現場でお打合せしました。(8/6)

まずは、1階に用意されたテーブルで打合せ。現場は休みでしたが、現場監督さんは来て参加してくれました。

LDKのある2階に上がって、空間の広がりや窓の感じを実際にご覧いただきました。

床に書いてもらった墨(線)で、キッチンカウンターとダイニングテーブルやソファとの関係を確かめていたところ、現場監督さんが即席でテーブルを作ってくれたので、建て主の方には実際にほぼ近い形で見ていただきながら確認できました。

手前のキッチンに立ってデッキテラス側を見たところ。ダイニングチェアの出し入れや、配膳動線なども確認。ダイニングテーブルやソファなどの家具の配置が決まることで、関連する照明器具の位置も決まってきます。

即席のダイニングテーブルを利用して、生活した時の動きを確認しながら照明の位置とスイッチの位置関係を打合せできました。

 

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , , | コメントする

OZONE 家 designの工事中確認 ミカンの木の育つ二世帯住宅

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)のOZONE(オゾン)家 designの工事中確認を、週末(8/5土)に行いました。

OZONE 家 designのインスペクターの方の進行のもと、建て主の方、OZONEコーデネーターの方と一緒に、工事の進捗状況、詳細図や施工図の進み具合、現時点での変更事項、未決定事項などを確認。
その後、建て主の方、OZONE 家 designの方と一緒に現場を一通り見てまわりました。

>>設計・工事経過 ミカンの木の育つ二世帯住宅



建て主の方には、配線が終わっているコンセントやスイッチの位置、換気扇やエアコンの位置も確認していただきました。

OZONE(オゾン)家 designのシートが現場に貼られるのは初めてだそうです。

>>関連ブログ2013.5.25 猫と暮らす中庭のある家 OZONE(オゾン)工事中確認

>>関連ブログ2014.9.2 くるりのある家 OZONE上棟時現場確認

>>関連ブログ2015.7.26 OZONE工事中確認 独立した二世帯が集う家

見積り調整時に袖壁の長さが短くなり、道路と開口部(窓)の距離が近く感じれれるようになったので、道路側には生垣とともに塀を検討しています。

「への字型」プランのコーナー部分に取り付けるサッシの下地や施工方法について、現場監督さん、大工さんと打ち合わせて帰りました。

設計事務所アーキプレイスでのOZONE(オゾン)家design旧OZONE家づくりサポート)の事例】

独立した二世帯が集う家』『くるりのある家』『猫と暮らす中庭のある家』『空と暮らす家(スキップフロア)』『東京タワーと桜に見える家』『木立に佇む家』『クスノキのある場所(住宅)  (クリニック)』『阿佐ヶ谷の家』『風が吹抜ける家』『宙を囲む家』『高窓の家』『代沢の家』『囲まれた家』『南の空に向かって開いた家』『夏ツバキの家』『ひかりの家

独立OZONEサムネイル くるりOZONEサムネイル 猫と暮らOZONEサムネイル 空と暮OZONEサムネイル 東京タワーOZONEサムネイル 木立にOZONEサムネイル クスノキ住宅OZONEサムネイル

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , , | コメントする

工事の確認と現場打合せ 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場へ工事の確認と打合せに行きました。

和室から屋根のかかるテラスを見たところ。アルミサッシの窓が運び込まれています。

道路側(高窓側)の耐力壁には、スチールブレース(コボット)を使っています。

コボットの下は合板を貼った耐力壁で、合板は柱面内に入れる真壁納めとしているので、合板を留めるための受け桟が柱に取り付けられています。

構造設計者と一緒の構造確認は来週行いますが、今日は外壁の合板を貼ると隠れてしまう金物を重点的に見てまわりました。

屋根の内樋にFRP防水(エフアールピー防水・ガラス繊維強化プラスチック)が施工されました。内樋はガルバリウム鋼板を加工して作ることもありますが、FRP防水を塗って仕上げることも多くなりました。

>>関連ブログ2011.9.29 屋根FRP防水工事 みんな集まる家

>>関連ブログ2017.7.18 桜並木と暮らす家 夏の日差しを遮るための屋根

1階まわりは壁の合板が貼られて、2階よりも進んでいます。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , | コメントする

インテリアボード 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の現場では、これから徐々に仕上げ工事に入っていきます。

この建物はショップやギャラリーの組み込まれた二世帯住宅なので、一般的な住宅よりも仕上げ材の種類や色の数が多いので、これまで建て主の方と打合せてきた内容をまとめたインテリアボードを作りました。

既に現場に持って行ったインテリアボードを加えて、計6枚のインテリアボードになりました。

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家, 宙を囲む家 | タグ: , | コメントする

工事が進むにつれて 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場では、工事が着々と進んでいます。

設計事務所では直接現場に赴いて工事の確認をするとともに、現場監督さんや各工事の方と定例打合せを行いますが、現場に行かない日は、現場から上がってくる質問に回答する資料を作成したり、窓サッシなどの発注前のチェックをしたり、窓枠などの納まり詳細図を書いたりしています。

さらに工事が進むにつれて、こうしたらもっと良い住宅になるのでないかという点が見つかったり、新たなアイデアが生まれたりしてきます。

上の写真は、桜並木を切り取る高窓のまわりのディテールを、現場に入ってから再検討した時の模型です。工事の方との打合せを重ね、建て主の方にもご説明しながら、より良い住宅となるように最後まで粘ります。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , , | コメントする

鉄骨階段の打合せ 細長変形地の二世帯コートハウス

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)はお盆休み明けに建て方・上棟予定です。

今日は鉄骨階段の工事業者さん、現場監督さんと鉄骨階段の細部の納まりや搬入・設置方法について打合せしました。(8/2)

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)には、1階から2階へ上がる直線状の階段と2階から3階へ上がる螺旋階段の、2つの鉄骨階段があります。設計事務所アーキプレイスで書いた階段詳細図、鉄骨階段の工事業者さんが書いた鉄骨階段の施工図を元に、課題を一つひとつ解決していきましたが、建て主の方にお見せするために作っていた1/20の階段部分の模型がとても役立ちました。

 

>>関連ブログ2017.4.18 見積調整のお打合せと階段部分模型 細長変形敷地の二世帯コートハウス

 

関連ブログ2014.9.4 住まいの階段 タイプ別

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

空調換気・電気工事はじまる ミカンの木の育つ二世帯住宅 

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場打合せに行きました。

工事現場には現場監督さんや大工さんに加え、給排水設備、空調換気設備、電気設備の各業者さんが入り、10人近くの方が同時に工事を行っているので、工事現場ならではの活気を感じます。

壁の合板が貼られ、窓の下地が組まれたところは、室内の様子が具体的にイメージしやすくなりました。

建物がへの字に折れ曲がった部分。

タスキ状に入っている室内の仮筋交いは、耐力壁の合板が貼られてから取り外します。

エアコン用の配管(冷媒管とドレン管)の経路は工事の方と現場を確認しながら最終決定。

洗濯機置き場のコンセント裏ボックスと給水配管。

電気工事の方が現場に入り、コンセントやスイッチの裏ボックスの設置や配管・配線工事がはじまっています。設計図面の電気図や展開図を参考に、所定の位置に設置されていきますが、その場所で本当に大丈夫かどうかの再確認も現場監理の仕事の一つで、場合によっては移動をお願いすることあります。


3次元加工部分に追加した補強金物も設置されました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , , | コメントする

ホームページのWorksに白山の家をアップ

設計事務所アーキプレイスのホームページのWoks[今までやってきたこと]に、鉄骨造3階建の都市型住宅『白山の家』(2004年完成)をアップしました。

白山の家』は大きな土間スペースのある都市型住宅です。

30代のご夫婦と小学生の男の子のための住宅です。敷地は都心に近く3階建て以上の建物が建ち並ぶ近隣商業地域にあり、東西に長い20坪の矩形です。
1階は土間スペースと書斎を配置し、近隣との交流の場となる場所です。お祭り時には建て具を開け放って、土間スペースとピロテイを近隣に開放します。
南側にはデッキテラスを配置し、外部と屋内とのバッファーゾーンとして内部空間に落ち着きを与えています。3階は水廻りと個室を配置したプライベートな場所で、個室は2つの可動収納で自由に位置を変えて仕切ることができるようになっています。

南側建物の上方に広がる空間にむけて外部空間(デッキテラス、テラス)を配し、大きな開口部から光と風を積極的に呼び込み、明るく伸びやかな住空間を実現しています。

 

>>関連ブログカテゴリー 都市型住宅

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内 | タグ: , , , , , , , | コメントする

現場定例打合せが始まりました 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場は、上棟後、構造金物の取り付けがほぼ終わり、屋根では防水用のアスファルトルーフィングが敷かれています。(7/28)

現場監理ではこのあたりから、現場監督さんや工事関係者の方と工事を進める上での課題を解決したり、設計側の意図を伝えるための話し合い(定例打合せ)を、曜日を決めて週一回現場で行っていきます。

工事監督さん主導のもとで、工事の進捗に応じて、大工さん、給排水屋さん、電気屋さん、板金屋さん、サッシ屋さんなど様々な業種の方が定例打合せに参加します。

桜並木を大きく切り取る横長窓にする上で、合板を貼った耐力壁に変わる鉄筋ブレースのコボットがつきました。

>>関連ブログ2017.5.9 桜並木と暮らす家 1/50模型が完成

サッシとの関係でコボットの取り付け位置を室内側に寄せています。

合板を使った内樋(うちどい)の下地が出来ました。

内樋の下地は垂木に側面から固定しています。

屋根全面に防水のためのアスファルトルーフィングが敷かれました。これで雨が降っても室内を濡らすことがなくなるので一安心です。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | コメントする

基礎立上りの配筋検査 細長変形地の二世帯コートハウス

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)は、の基礎立上りの配筋検査に行きました。(7/28)

基礎の耐圧盤のコンクリートが打たれたあと、基礎の立上りの型枠を施工中。上から見ると基礎の形や建物と敷地との関係がよくわかります。中央付近のくびれている部分が中庭で、隣地の庭に呼応させたい位置にあります。

関連ブログ2017.2.10 旧家屋の解体工事 細長変形地の二世帯コートハウス

型枠の設置状況、鉄筋のかぶり厚さ、アンカーボルトの位置を確認。基準のかぶり厚が取れていないところの修正を数カ所お願いし、修正後に是正写真で報告してもらうことに。

 

基礎の立上りには、設備の配管(給水、給湯、排水、ガス、床暖房、追い炊き配管など)用のスリーブ(穴)が必要となるため、図面と見比べながら抜けがないか確認します。

>>関連ブログ2013.6.17 ひかりを組み込む家 SE構法の柱脚

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , | コメントする