地縄(じなわ)の確認 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の建物配置を確認する、地縄(じなわ)の確認に行きました。

建物の基準となる通り芯(壁や柱の中心線)に水糸を張って、道路境界線や隣地境界線からの距離を測り、設計通りの寸法になっているか確認します。もし、想定の配置で問題が見つかった場合は、配置の変更を検討することもあります。


工事中に使う仮設水道も工事中。

設計事務所アーキプレイスで2階リビング(2階LDK)とした住宅事例】

桜並木と暮らす家室内化したテラスを持つ家風と光と暮らす家ひかりを組み込む家宙を囲む家など

    

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です