1、2階の温水式の床暖房パネル設置 細長変形地の二世帯コートハウス


細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・長屋形式の二世帯住宅)の現場では、1階世帯のダイニングキッチンと、2階のリビングとダイニングに床暖暖房パネルが敷かれました。

床暖房は東京ガスの温水式床暖房TESシステムで、仕上の複合フローリングの下に厚さ12mmの温水の流れるパネルを敷きます。

防音室となる音楽室の施工準備も着々と進んでいます。

音楽室の浮床下地ができました。床下地の四周は固体音が構造体に伝わらないように隙間を空けています。

3階では床の複合フローリングが貼られました。ビニル床タイルとの見切り部分もキレイに施工されています。

1階では、カーテンボックスやブラインドボックス周りの施工、電気関係の配線も進んでいます。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 細長変形地二世帯コートハウス    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です