玄関の土間コンクリート下地など ミカンの木の育つ二世帯住宅


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の工事監理に行きました。

回り階段部分は慎重に施工していただいています。

二世帯それぞれの郵便受け(ポスト口)とインターホンと表札をつける部分。

ポスト口(ハッピー金属工業)が現場に入っていたので、下地との関係を確認しました。

雨で施工が遅れていた外壁のサイディング工事もあと少しで完成です。

大工工事で作るLDKの収納家具の箱組みができました。

玄関土間にはタイル下地となる土間コンクリートを打ちます。水色のものは玄関床の断熱材(ポリスチレンフォーム)で、玄関床の高さ調整(かさ上げ)も兼ねています。格子状のものは、コンクリートのクラック防止用のワイヤーメッシュです。

コーナサッシの下端の塞ぎ材を板金屋さんが綺麗に作ってくれました。

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: ミカンの木の育つ二世帯住宅 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です