構造設計者と構造確認 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス


先週上棟した『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』(木造2階建て在来工法)の構造確認の構造設計者の千葉さん(シエスタ)と行きました。

現場にはたくさんの大工さんが入って工事が急ピッチで進んでいます。

屋根の下地が組まれています。

 
 
 
 
 

柱梁の大きさ、ホールダウン金物の種類と施工状態、土台高さ、ネコ土台種類、耐力壁と床合板の釘ピッチ、内樋の作り、垂木の大きさ固定状況などを確認。


構造設計者の千葉さんは、構造材の位置とともに構造金物の位置と種類を全てチェック。3時間かかりました。

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

 s warabishi s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス パーマリンク

コメントは停止中です。