SE構法の構造打合せ ふたつのコートのある二世帯住宅


実施設計のはじまっている『ふたつのコートのある二世帯住宅(木造3階建・SE構法は、SE構法の構造設計者・NCN(エヌシーエヌ)のMさんに事務所に来ていただき打合せしました。

1階に2台分のインナーガレージがあり、2階には吹抜けのあるリビングがあるなど、構造的にアクロバティックなところがある建物なので、構造設計者と意見を突き合わせながら最適な架構を見つけていきます。

最近は住宅でも梁成が60センチもある梁をかけたり、幅24センチの柱を立てたり、無垢材では難しい大きさの梁や柱が集成材では使えるので、プランニングの自由度は驚くほど高くなっていると感じています。

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

←前の記事 ふたつのコートのある二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ふたつのコートのある二世帯住宅 パーマリンク

コメントは停止中です。