ウエスタンレッドシダー板張りと塗装 中山メンタルクリニック


中山メンタルクリニック』の通路の天井にウエスタンレッドシダーの板が張られました。右側の天井段差のすき間には間接照明が入ります。
>>チャネルオリジナル channel original:レッドシダークリアグレードパネリング

P1220637

P1220643 P1220652P1220653 P1220645

ウエスタンレッドシダーの板は幅78mm、厚さ8mm、長さ2440mmの実付き節なし(クリアグレード)。柾目(まさめ)と板目(いため)の混合で、木肌や色味の違いを見ながら敢えてランダムに張ることで、自然素材としての味わいが増します。

>>参考ブログ2010.2.18 化粧合板の柾目(まさめ)、板目(いため)、杢目(もくめ)

ウエスタンレッドシダーの板は、厚さ9mmの合板を下地にして、その上に接着剤を併用しながら実(さね)部分をピンネイル(左下写真:頭のない針のような釘)で止めていきます。

現場監督さんと、塗装屋さんを交えて塗装の打ち合わせをしました。ウエスタンレッドシダーの板は、オイルステインでダークブラウンに着色してクリア塗装で仕上げる予定でしたが、実際にって見ると板の色むらはそのままでいい味を出しています。そこで着色するのは止めて、クリア塗装をサンプルに塗ってもらいました。ところが、塗装屋さんがいつも使っているクリア塗料では、染込みが強くて色が濃くなり過ぎてしまうので、別の塗料を検討してみることになりました。

P1170894

日本オスモに相談し、オスモカラーの#3101ノーマルクリア(透明)とワンコートオンリーの1236ラーチ、1235のシーダーのサンプルパウチを取り寄せて、レッドシダーの端材に塗ってみました。

P1170897

中央のレッドシダー、左からオスモカラーの#3101ノーマルクリアー(透明)、ワンコートオンリーの1236ラーチ、同1235のシーダー。右側は、他の素材での色の変わり具合を比較するために、ロシアンバーチ積層合板に塗ったもの。
オスモカラーの#3101ノーマルクリアー(透明)は、木の色があまり濃くなり過ぎず、マットな仕上がりも自然の風合いに近く、いい感じに仕上がりそうです。

オスモカラーはご存知の方も多いと思いますが、ドイツオスモ社で生まれた自然の植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)と植物ワックス(カルナバワックス、カンデリラワックス)をベースにした人に優しい自然塗料です。自然の木には、湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥している時は湿気を吐き出す「調湿機能」がありますが、塗膜を作って表面を覆ってしまう塗料では「調湿機能」という自然の木の良さが活かされません。オスモカラーは深く浸透して木を保護しながら、木の呼吸を妨げることなく、木の魅力と性能を引き出してくれる塗料です。

>>オスモカラー ウッドワックス :オスモ&エーデル株式会社

>>関連ブログ2015.11.25 独立した二世帯が集う家 天井のウエスタンレッドシダー板張り

>>住宅の天井にウエスタンレッドシダーを張った事例 独立した二世帯が集う家 竣工写真 その2

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー 中山メンタルクリニック

>>中山メンタルクリニック 竣工写真 その1
>>中山メンタルクリニック 竣工写真 その2

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

【設計事務所アーキプレイスの医院・クリニック・診療所の設計事例】

方南町皮ふ科クリニック 中山メンタルクリニック林間皮フ科クリニック2早川皮フ科クリニックまりレディスクリニック

sssIMG_1573 ssssIMG_94211 IMG_4259-e1421232194549-1 05-e1421232273593 sIMG_7166-e1421232094148

←前の記事 中山メンタルクリニック     次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 中山メンタルクリニック タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください