工事が進むにつれて 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場では、工事が着々と進んでいます。

設計事務所では直接現場に赴いて工事の確認をするとともに、現場監督さんや各工事の方と定例打合せを行いますが、現場に行かない日は、現場から上がってくる質問に回答する資料を作成したり、窓サッシなどの発注前のチェックをしたり、窓枠などの納まり詳細図を書いたりしています。

さらに工事が進むにつれて、こうしたらもっと良い住宅になるのでないかという点が見つかったり、新たなアイデアが生まれたりしてきます。

上の写真は、桜並木を切り取る高窓のまわりのディテールを、現場に入ってから再検討した時の模型です。工事の方との打合せを重ね、建て主の方にもご説明しながら、より良い住宅となるように最後まで粘ります。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です