施工図チェックと遣り方 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 


大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)』(木造2階建・在来工法)の工事が始まると同時に、施工会社からは様々な施工図が送られてきます。

鉄筋コンクリートの基礎図にはじまり、木造のプレカット図、設備配管図、鉄骨の階段や庇の施工図などですが、この施工図でのチェック&修正のやりとりを2〜3回繰り返し間違いがないことを確認して、実際の加工や工事に入ることになるため、気が抜けない作業になります。

アルミサッシの大きさや仕様を確認するための図面も送られてくるので、設計図と見比べながら、そのまま発注しても問題がないかどうか、一つひとつ慎重に確認していきます。



現場はアスファルトが解体されて、遣り方まで終わっています。

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。