外構や内部の造作 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス


今日は午後から『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』(木造2階建て在来工法)の現場監理へ行きました。

道路(歩道)と敷地の間の鉄筋コンクリート塀の鉄筋の組み立て中。ガレージにはこれからシャッターが入ります。

中庭(コート)に入る、午後の日差しの様子を確認。中庭の床は、1階床の高さまで上げてコンクリート平板で仕上げます。

2階ホールと納戸はチェリー突き板の複合フローリングになります。

細かな作業が必要な巾木(アルミ)や木製建具枠も取付けがはじまっています。

大工さんは地道に造作家具工事の下準備を進めています。

 

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

 s warabishi s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

 


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。