住宅 屋上テラスやルーフバルコニーの雨水排水


今日は、台風9号の影響で久しぶりの雨が降り、猛暑も一休みという感じです。街の色も濃く、緑も鮮やかに見えました。

設計事務所アーキプレイスでは、屋上テラスやルーフバルコニーを計画することがありますが、その時に注意するのは、防水の方法とともに雨水排水の計画です。その地域の1時間最大降水量をもとに、安全率(3倍程度)を掛け、タテ樋の直径や本数を決めています。

◼︎必要雨水排水量=1時間最大降水量 ×(バルコニー面積 + 壁面積の1/2*)× 300%

*壁面から流れてくる雨の量も、 壁面積に1/2を掛けて考慮します。

屋根勾配は1/50以上(排水溝部分は1/200程度)とし、さらに、ゴミや落ち葉で配管が詰まっても、室内に水が流入しないようにオーバーフロー管を設け、また、バルコニー立上り高さよりもサッシ下端を高くして、2重、3重の安全設計とするよう心がけています。

*オーバーフロー管は、タテ樋が詰まった場合に、一時的にタテ樋の変わりに雨水を流すものです。また、オーバーフロー管から雨水が流れることで、タテ樋が詰まっていることを伝える信号の役目も持っています。(下写真 黒いドレンの上の丸いパイプがオーバーフロー管です)

*タテ樋への流入部分にあたるドレンにストレーナーを忘れないように取り付け、落ち葉などでタテ樋が容易に詰まらないようにします。

>>関連ブログ2010.11.25 木造住宅 屋上緑化の可能性

>>屋根FRP防水工事 みんな集まる家

設計事務所アーキプレイスで設計したルーフバルコニーのある住宅事例】

カフェのある家ときどき電車の見える家東京タワーと桜の見える家5層なのに3階建ての家スキップする家TNMハウス白山の家、他

sssIMG_0447 sssIMG_8573 sssIMG_9964

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計について   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です