木製ブラインドの確認 クスノキのある場所(クリニック)


先日、『クスノキのある場所(クリニック)』にブラインドやカーテンが付いたので、その確認に行きました。 待合室にはインテリアに合わせて木製ブラインドを使用しています。 木製ブラインドは、自然素材である木のスラット(羽根)が特徴で、その素材感や色がインテリアとして好まれることが、選ばれる一番の理由です。 その他に、不特定多数の人が訪れるクリニックのような場所では、スチールのブラインドにありがちなスラット(羽根)の折れの心配が木製ブラインドにはなく、掃除も比較的簡単にできるということが、選ばれる理由としてあげられます。


電動ブラインドで、開閉やスラットの回転は受付から操作できるようになっています。


木製ブラインドを上げると、スラットはすべてブラインドBOXに隠れて見えなくなります。


診察室にはカーテンが付き、クリニックらしくなりました。

建て主の方にサインの位置を確認していただき、取り付けました。サインは設計事務所アーキプレイスで原稿を作成、ステンレスヘアーライン仕上げの板(1.5mm)にシルクスクリーン印刷。

>>関連ブログ2011.3.1 ステンレスの表情(種類)
>>関連ブログ2011.6.17 Mレディスクリニックの6ヶ月点検

【設計事務所アーキプレイスの医院・クリニック設計事例】

方南町皮ふ科クリニック 中山メンタルクリニック林間皮フ科クリニック2早川皮フ科クリニックまりレディスクリニック

sssIMG_1573 ssssIMG_94211 IMG_4259-e1421232194549-1 05-e1421232273593 sIMG_7166-e1421232094148


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 日常, Mレディスクリニック タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください