風と光と暮らす家 竣工写真 その3


昨年(2015.4)4月にお引き渡しした都市型住宅『風と光と暮らす家』(木造2階建・SE構)の竣工写真 その3。

敷地面積:145.92m2  建築面積:72.53m2  延床面積:128.76m2

設計監理:設計事務所アーキプレイス  施工:吉真建設株式会社  構造設計:NDN(エヌ・ディ・エヌ)  
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

sss風と光00_011

キッチンからクラフトグラスを嵌めた木格子の仕切り壁を見る。[S.Osawa]

陶器のペンダントライトは陶ライトスモール・TOU-LIGHT small。

>>TOU-LIGHT AR Piece/アールピース

風と光11_021

吹抜の玄関ホールの北側を見る。吹抜の周りを一周できるように通路が設けられている。[S.Osawa]

風と光22左_8495 風と光22右_3100

[左]ダイニングから洗面コーナーを見る[AP]

[右]北側のテラスの床は、1階の坪庭に光を落とすため、ファイバーグレーチングでできている。隣家の緑を借景する開口のある壁は、Goeth House(ゲーテハウス)ユニプラルSL 無機質塗材の木ずりコーマル仕上げ。[AP]

>>関連ブログ2015.1.22 外壁左官工事の仕上げ塗り 風と光と暮らす家

>>関連ブログ2010.7.7 ファイバーグレーチングの目隠し

風と光23_031

洗面コーナーは家族によって使い分けている。間接照明を仕込んだ鏡収納の上下はガラスモザイクタイル貼。右は書斎への入り口引き戸[S.Osawa]

>>名古屋モザイク NEWYORKER GLASS  ニューヨーカーグラス

>>関連ブログ2010.12.16 モザイクタイル ガラス

sssAP_N_nisiogi_027

書斎。隣地の緑を楽しめる窓を2方向に設けている。デスクはタモ無垢材の接ぎ板(>>チャネルオリジナル)。[S.Osawa]

sss風と光00_019

北側の通路からデッキテラス側を見る。正面のデッキテラス(物干しスペース)は、リビングと個室1の間にあり、家事をサポートしている[S.Osawa]

風と光24_030

個室1。左手にデッキテラス。本棚とデスクを造付け。広がり、採光、通風を考慮して窓は三方向に設けている。[S.Osawa]

sssAP_N_nisiogi_032

モスグリーンをアクセントカラーとし、本棚と収納を造付けた個室2。棚板はタモ集成材の白拭き取り塗装で、床のアッシュ(タモ)ホワイトオイルに近ずけている。高窓には白の木製ブラインド付き。地窓からは外の庭が見える[S.Osawa]

風と光26_3160

個室2の外側に設けた小さな庭[AP]

>>関連ブログ2014.7.24 風と光と暮らす家 1/50模型

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 風と光と暮らす家

>>風と光と暮らす家 竣工写真 その1
>>風と光と暮らす家 竣工写真 その2
>>風と光と暮らす家 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 都市型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 木造(SE構法・SE工法)

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 風と光と暮らす家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), Works, 風と光と暮らす家, 木造(SE構法), 都市型住宅, 完成写真[住宅事例ほか]ALL タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください