長〜い現場打合せ ミカンの木の育つ二世帯住宅 


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場で、現場監督さん、板金屋さん、大工さんと打合わせしました。

週末、建て主の方と打合せた内容(木製階段、床フローリングの張り分け方など)を大工さんに伝えて、実際の工事を行う上で気をつける点や施工方法を相談しました。

階段上部のトップライト部分には三角形の壁面ができますが、壁の厚み、傾斜天井の納まり、トップライトの枠、壁面の形状と仕上げが絡んできて、どうしたら良いのか図面や模型では答えにたどり着けずにいた部分です。トップライトがついた現場で、桟木を打ち、水糸を張ってもらい、出来上がりをイメージしながら、ここがどうなるとこの住まいの魅力がより増すのかを考えつつなんとか決めることができました。(長時間にわたり、親身になって一緒に考えてくれた現場の方に感謝です!)

三角形の開口のあるデッキテラスでは天井の下地が施工中。床のFRP防水は終わっています。

内壁側の構造用合板の上に、石膏ボード(プラスターボード)が貼られ始めました。

大屋根の屋根板金は8割程度できました。

朝9時にはじまり終わったのは5時前。長〜い現場打合せでしたが、スッキリした気分で事務所に帰り、現場で出た宿題を済ませました。

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください