天井野縁組みとユニットバス設置 細長変形地の二世帯コートハウス


細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・長屋形式の二世帯住宅)の現場監理。屋根板金と外壁透湿防水シートを確認してまわりました。

2階LDKは、リビングとダイニングキッチンの間で床が少しスキップしていて、そのため天井の高さが変わります。天井には、チークの複合フローリングと同じ木目と色合いの、チーク突き板化粧合板(一部不燃化粧板)を張りますが、その天井野縁組ができました。天井材が張られるのが楽しみです。

3階に設けた浴室のユニットバスが設置されました。天井パネルの上が見えていますが、この住宅は準耐火構造の建築なので、ユニットバスの天井裏には、梁や床の木を覆う石膏ボードが貼られています。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 細長変形地二世帯コートハウス    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です