ビル用サッシも「個別認定」へ サッシメーカーの説明を受けました


防火地域や準防火地域に住宅やビルを建てる場合、「延焼の恐れがある部分」の開口部(窓)に「防火設備」を使用することが義務付けられています。

<防火設備を使用しなければならない場所>
1階の場合   :隣地境界線または道路中心線から3m以下
2階以上の場合 :隣地境界線または道路中心線から5m以下

簡単に言うと、延焼の恐れのある部分の窓は、防火生の高い窓(防火サッシ)にしなければいけないと言うことです。

では、この防火生の高い窓(防火サッシ)とは何かという時に、「住宅用サッシ」では2104年に、長い間使われてきた「通則認定」から「個別認定」へと認定方法が切り替わり、住宅の設計に大きな影響がありました。

2019年4月からは「ビル用サッシ」も、「通則認定」から「個別認定」へと切り替わることになり、現在設計中の鉄骨造の住宅『囲んだテラスに開いた2階リビングの家』の設計にも関わるため、サッシメーカー(LIXIL)の方に事務所に来ていただき内容を詳しく聞きました。

「個別認定」の防火サッシでは、窓サイズ、開閉方法、連窓の制限があるので注意が必要です。

加えて、アルミサッシの枠形状のうち、半外付枠、外付枠が使えなくなり、RC枠、ALC枠、F枠のみしか使えなくなります。鉄骨造では半外付枠、外付枠のサッシを使うことが多いですが、これからはRC枠サッシを下地のチャンネルなどに溶接で取り付け、隙間にモルタルを充填する方法に変わります。

今回の「ビル用サッシ」の「通則認定」から「個別認定」へと切り替えは、私たち設計者にとって、プランニングから窓周りのデイテール設計、コストバランスなど、今まで以上の設計力を要求される改正になりそうです。

 

設計事務所アーキプレイスでの鉄骨造住宅の事例】

囲んだテラスに開いた家、阿佐ヶ谷の家風が吹抜ける家千駄木の家白山の家空に向かって開いた家

 
    

←前の記事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 住宅制度・建築法規など, 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。