明大前の賃貸併用二世帯住宅 1/100の図面と1/50の図面


週末『明大前の賃貸併用二世帯住宅』(RC半地下+木造2階建)の建て主ご家族の方と打合せをしました。(7/1)

前回の打合せをもとに作成したプラン・A6案をお見せしながらがらのお打合せですが、今回は1/100の図面と1/50の図面を用意しました。

建築は面白いもので、同じプランでも” 図面のスケール(縮尺)を変えると見えてくるものが違ってくる”ので自然と打ち合わせる内容が変わってきます。

1/100の図面では部屋の配置や広さ、動線などを中心に打合せますが、スケールを大きくした1/50の図面では、椅子を置いた後ろのスペースの広さ、物干しに使う竿の長さなども実感を伴いながら検討できるようになるので、基本設計中は1/100の図面と1/50の図面の両方を使い分けながら打合せをしています。

>>関連ブログカテゴリー 図面の見方

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

P1230762 sssP1000816 
Exif_JPEG_PICTURE sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03

←前の記事 明大前の賃貸併用二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 明大前の賃貸併用二世帯住宅 パーマリンク

コメントは停止中です。