明大前の賃貸併用二世帯住宅 平成30年建築基準法の改正の影響


週末、『明大前の賃貸併用二世帯住宅』(賃貸併用の二世帯住宅)の建て主の方とお打合せしました。

基本設計はA7~A9案、A10、A11と進みA12案で纏まりつつありましたが、先のブログにも書いた建築基準法の改正の計画への影響と条件をご説明。

構造を準耐火構造とし、建築確認の申請を来年6月末ごろにすれば、

・建ぺい率の10%の緩和を受けられること

・床面積が今より広くできること

・共用階段部分に屋根が掛けられること

・バルコニーのデザインの自由度が高まること

など、多少工事費が上がってもメリットの方が大きいことから、

設計スケジュールを今よりも2ヶ月程度遅らせて進めることになりました。

[行政に確認したところ、準耐火構造に加えて何か条件がプラスされるかどうか、正式な施行日がいつになるのか、現時点ではまだ決まっていないそうです。]

>>関連ブログ2018.7.30 「平成30年改正建築基準法に関する説明会」に参加しました

A12案を元にして、建築基準法改正後への対応のさせ方をご相談し、変更を加える部分を大まかに決めました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

P1230762 sssP1000816 
Exif_JPEG_PICTURE sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03

←前の記事 明大前の賃貸併用二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 明大前の賃貸併用二世帯住宅 パーマリンク

コメントは停止中です。