くるりのある家 竣工写真 その1


昨年末(2014.12)に完成した『くるりのある家』(木造2階建)の竣工写真 その1。

「ほっとする、シンプル、ナチュラル、スタイリッシュ、家族の成長と変化」を家づくりのテーマとした、30代のご夫婦とお子様の住まいです。南に広がる大きな庭との一体感を大切にしながら、人が集まり、家族ともに成長し変化していけるこの住まいでは、リビングの吹抜の周りをぐるっと回遊する「くるり」が、大きな特徴になっています。キッチンの近くに水廻りを配置し、洗濯→物干し→たたむ→仕舞うの一連の作業が効率よくできるように計画しています。

設計監理:設計事務所アーキプレイス  施工:(株)内田産業  構造設計:ポラテック  コーディネート:OZONE家づくりサポート

敷地面積:499.60m2  建築面積:85.22m2  延床面積:126.15m2

写真:Archiplace

sssIMG_9133

道路側の白い四角い外観 1階の凹みは玄関ポーチ。2階の凹みは「くるり」の一部で、バルコニーになっている。左手前には、将来ガレージ(川越ベース)を建てる予定。

sssIMG_8779

南側の畑から見る。雨や光を遮る役目を持たせた凹みのある四角い外観。屋根はフラットルーフ。

>>関連ブログ2014.8.19 くるりのある家 ホールダウン金物と屋根防水

sssIMG_9128

四角い建物に開けられた、四角い開口が空を切り取る。

sssIMG_9144

左官仕上げの外壁。シンボルツリーの葉の柔らかな影が落ちる。

sssIMG_8911

外観夕景 シンボルツリーのシマトネリコが目隠しにもなっています。南側のデッキテラスの外に広がる庭は、建て主の手で徐々に緑化される予定。

>>関連ブログ2014.11.30 くるりのある家 庭のシンボルツリー

sssIMG_9066

玄関ポーチ レッドシダー(米杉)の横板張りの木製玄関ドア

>>関連ブログ2014.11.11 くるりのある家 木製建具の打合せ

sssIMG_8800

玄関の床はモルタル左官仕上げ。正面の下足入れの下には地窓を設け、広がりを生み出している。

sssIMG_8711

LDK 庭側には大きな開口(木製サッシ)を設け冬の光を取込んでいる。夏の光は屋根やベランダで遮る断面となっている。リビング部分の吹抜を通して空が見える。

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー くるりのある家

>>くるりのある家 竣工写真 その1
>>くるりのある家 竣工写真 その2
>>くるりのある家 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 郊外型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 木造(W・在来工法)

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 くるりのある家     次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), Works, くるりのある家, 木造(W・在来工法), 郊外型住宅, 吹抜のある住宅, 完成写真[住宅事例ほか]ALL タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください