地盤調査に立会いました 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の建物解体後の地盤調査に立ち会いました。

昨年、既存家屋が建っている状態で敷地測量と地盤調査を行いましたが、その時はスウェーデン式サウンデイング試験(SS試験)を手動で行いました。今回もそれと合わせるために手動式で地盤調査(SS試験)を行いました。

>>関連ブログ2016.9.17 桜並木と暮らす家 地盤調査と敷地測量

>>関連ブログ2017.2.18 地盤調査に立会いました 細長変形地の二世帯コートハウス 

>>スエーデン式サウンディング試験とは

既存家屋の解体が終わって整地された敷地には、物悲しさと清々しさが同居しているように感じます。
昨年、道路側の電柱と支線の移設を検討しましたが、現在のプランでは支障がないので移設しないことになりました。

>>関連ブログ2016.8.6 電柱移設の検討 桜並木と暮らす家

桜が満開の頃に着工できるように、現在、見積り精査中です。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 桜並木と暮らす家

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です